2015年4月アーカイブ

それなりに長く生きていると思わぬ「ご縁」に助けられることが多々あります。自分と関わりのある人を大切にすることは、結果として将来の自分を助けることにつながることになるので、まさに「情けは人の為ならず」ということわざ通りだと思っています。

長きにわたって良いお付き合いが出来るということは、損得勘定を考えずにいろいろと助け合える関係ともいえます。見返りを求めないやりとりだからこそ、「情けは人の為ならず」という諺に通じると信じています。

今年も吹奏楽部ではコンクールに向けて練習が始まりました。少子化の影響か、我が部でも部員数は減少傾向にあります。そんな中で、吹奏楽部を選んで入部した8名の侵入部員との「ご縁」は大切にしたいと思っています。コンクールメンバーの半数を新入部員が占める今年の編成はかなり厳しいものがありますが、そんな時、強い味方になってくれるのが卒業生の部員たち。「先輩、練習を見てください」という後輩の(悲痛な)叫びに毎週のごとく指導に来てれくれる卒業生たち・・・・。交通費も自己負担なのに、時には差し入れまで持ってきてくれる・・・。「いつも悪いね」と声をかけると、「そんなことないです。私たちも先輩たちにはお世話になったから・・・(笑顔)」と返事が返ってきます。そんな力強い味方が私の周りにはいてくれることは幸せなことですし、そういった「ご縁」こそ大切にしたいと思っています。

吹奏楽部は今年で創部20年。これまでも多くのみなさまに支えられて成長してきました。これからもみなさまとの「ご縁」を大切にして精進していきたいと思っています。

社会科 Y

 

DSC_0054.JPG

OG会と現役部員との合同演奏(今年の文化祭もお楽しみに)

こんにちは、Nです。趣味は天気予報です。 鮮やかな新緑、とても美しいですね。

 今年は新に「幼稚園ボランティア」を担当することになりました。

 女子生徒の進路希望で多いものに幼児教育があります。保育士や幼稚園の先生を目指す分野です。小野学園は幼稚園から高等学校までの総合学園です。ここをうまく連動させたのが「幼稚園ボランティア」というシステムです。

4月23日ブログ用写真1のサムネイル画像

 生徒が放課後、延長保育のお手伝いに幼稚園に伺います。そこでは、飲み物やお菓子を出すお手伝いや遊びの補助をします。生徒は、年間に10回以上参加することも出来ます。最長で、中3から4年間続けられ、園児から「先生」と呼ばれることになります。

4月23日ブログ用写真2のサムネイル画像

進路を考えるだけでなく、母親となったときのために子ども達と接することは、大変良い経験となることでしょう。

1年間しっかりサポートしたいと思います。

今年度は80名の生徒が登録しました。

いい体験をしよう!

今年度は4年生の担当になりました。入学式から2週間が経過し、生徒たちも学校生活に少しずつ慣れているのを日々感じます。

 

 4月から新年度となって、学校も大きく変化し、自習室が20時20分まで使え、留学ができるようになり、試験もコースごとに別々に作成することができるようになりました。変わったことをあげると膨大な量になってしまうので、詳しくは学校のホームページや学校案内等をご覧ください。

 

 ここで考えておきたいのがなぜ変わったのかということです。変えるにはちゃんとした理由があるはずです。例えば、今まで通り行っていて何か不都合なことが生じたり、もっと効率よくできる方法を発見したりといったことです。しかし、何かを変えることはリスクが生じます。今まで慣れていたものが変わるわけですし、初めてやることに未知数な部分もあると思います。私もバスケットボールに審判や顧問として関わっていますが、バスケットボールも今年度からルールが変わって、昨年ルールブックを読んで理解していった私にとっては戸惑ってしまう部分もあります。しかし、なぜルールが変わっていくのかを考えていくと理解できることも多くありました。大変ですが、頑張っていきたいと思います。

 

 現在、社会は日々変化し、私たちもその変化に対応しなければなりません。対応するには私たちが変化しなければなりません。変化するときになぜ変化するのか考え、そこからどのように行動するのかといった思考力、判断力を身につけていってほしいものです。

 

社会科E

先日、近年有名になってきた目黒川の桜を見に行ってきました。中目黒駅で降りて、目黒川まで5分。着いてみると両岸から川全体を覆うように桜が満開でした。噂に聞いた以上にきれいでした。

教員ブログ・4月15日用写真.jpg

着いて最初に感じたのは、雰囲気がおしゃれなこと。おなじみのじゃがバタの屋台も、焼きそばの屋台もなく、シートを引いて座る場所もないので、大勢の人が、シャンパングラスに入った飲み物を片手に、そぞろ歩きをしながら花見をしていました。こんな花見もいいものだなあと思いました。

また少し立ってから、洗足池の花見にも行ってきました。ここの花見はごく普通。焼きそばやお好み焼きなどの屋台があって、シートを引いて座って、弁当を食べながらお酒を飲んでいる。私もお弁当を持っていって、ベンチに座って花を見ながら、ゆっくりとした時間をすごした。こちらの花見も定番だけれども良かったと思う。

歳を取ってくると1回1回の花見が、今までより少し味わい深いものになってくるような気がする。全ての出来事が1回しかないという当たり前のことが、実感として感じられるからではないだろうか。

年度初めに当たり、「今年度も、毎日の授業や行事などを『一期一会』(その機会を生涯に一度しかないと考えて、誠実に対応すること)のつもりで、大切にしていこうと桜を見ながら考えた国語科のMでした。

  4月4日・土曜日始業式とともに、新学期がスタートしました。生徒の皆さんはもちろん、私たち教員も始業式は、いつも心地よい緊張感と共に始まります。さらに今年も多くの新任の先生も加わりました。

 

  5日・日曜日には雨花(うくわ)の中、※雨の降っている時の花入学式を迎えました。天候とは異なり、新入生の顔はみんな晴れやかで、これから始まる学校生活への意欲を感じることが出来ました。

 

 このような時に、よく使われる言葉に『初心忘れるべからず』という言葉がります。改めてその言葉の意味を調べてみました。今まで私は時間がたって慣れてしまい、当初の頃の志を忘れてしまうことの戒めいう意味を持っていると言葉だと思っていました。しかし、もともとこの言葉を残した能役者である世阿弥は、花鏡(かきょう)能芸論書に「しかれば当流に万能一徳の一句あり。 初心忘るべからず。この句、三ヶ条の口伝あり。是非とも初心忘るべからず時々の初心忘るべからず老後の初心忘るべからず。この三、よくよく口伝すべし」と書いています。この3つはそれぞれ意味合いが異なります。まず初めは、若いころに失敗したり苦労して身につけたものは忘れてはいけないその苦労が後の糧になる。次は、歳とともに積み重ねていくことが大切で、その場その場で忘れてしまうことは身につかない。最後は、年齢を重ねても新しいことにチャレンジする気持ちを忘れてはならない。このような意味合いがあるようです。

 

いずれにしても初心忘るべからず。と言う言葉を心に、今年も頑張っていきたいと思います。

家庭科 I