2012年5月アーカイブ

こんにちは。3Aの生態環境委員のA.AwinkとY.Ksmileです。

wink:最近ホタルの幼虫から成虫になってきていますね。

smile:そうですね!わたしたちのクラス、3Aではもう5匹くらい成虫になっています。

wink:カワニナにホタルの幼虫が何匹もくっついて食べている様子がよく見られます。

smile:これでもりもり大きくなってほしいですね。

wink:成虫になったホタルも元気にとんでいますよ〜。

smile:オスのホタルが飛ぶのは、オスがメスに対してアピールするためなんです。

wink:へー。積極的なんですね〜!

smile:メスはオスのことを草にとまって待っています。

wink:そうなんだ〜。勉強になります!Y.K博士!

smile:分からないことは私に聞いてね!

私たちは、2年生の頃から、ホタルに関わりをもってきました。特に、今成長中の幼虫は、消しゴムのカス程度の小さい時からクラス全体で、お世話をしてきました。カワニナを砕いてエサをあげたり、水を換えたり、徐々に大きくなっていく様子を見ていくのは嬉しかったです。そのホタルが大きくなっています。今年のホタルもたくさんの卵を産んで欲しいと思っています。

DSC_5992  今年羽化した成虫です。


こんにちは。2Bの生態環境委員のUとHです。

5月16日に、3Bのビオトープからホタルの成虫1匹目を発見し、他のクラスでも続々と成虫が出ていますwink

わたしたちのクラスも成虫が出ました!!

現在2Bの一番大きい幼虫は約3cmで、エサのカワニナに集団で集まってよく食べているので、成長が楽しみです。

また、5月22日には、大井自然再生観察園がオープンしました。これからもホタルの成長や自然再生観察園でホタルが飛べるように飼育・管理などを行っていきたいです。

 DSC_5981 夜8時すぎのビオトープ内のホタルの様子

本日午後、待ちに待った成虫が孵りました。

昨年度より、5日遅れですが、大きなメスの成虫です。

DSC01653  しっかりとくっついています。

12日(土)〜今日まで、中学生が、学習習慣合宿のため、第一発見者は高校2年生のHさんでした。

他にも、この4日間お世話をしてくれた、Yさん、Sさん、Aさん、Fさん、Mさん・・・あたたかいコメントをありがとう。

今後も皆で成長を見守っていきましょう!

本日の日誌よりSさんのコメントを紹介します

「今まで、中学生が頑張って育ててきたのに本人が発見できなくて残念です。catfaceでも成虫が出てきてくれて良かった!!!」

1代目は、この4日間飼育観察をしてくれた高校生でした。

今後も、多くの成虫が続々出ることを期待しています。

DSC01652 ちょうど光っています。

 

 

 

 

新年度、進級やクラス替えで、昨年度までお世話していたクラスとは違うビオトープになりましたが、各クラスの生徒が日替わりでお当番をしています。

2年生は、昨年度の小さい幼虫を見ていただけに、「あたたかくなってモコモコ大きくなった〜!!」と成長していく様子を喜んでいました。

 

今回から、数回に渡り、各クラスの生態環境委員によるコメントを載せていきます。

今回は、2AのIさんhappy01、Tさんsmileです。

 

こんにちは。2Aの生態環境委員です。

 今、2Aのホタルはどんどん大きくなっており、約3cm程になっています。ホタルの幼虫のエサは、はじめ、カワニナを小さくしてあげていました。しかし、今は大きくなったので、カワニナをそのまま食べられるようになりました!よく、幼虫が貝の中にあたまを入れて食べている様子を見かけます。

 終齢を終えた幼虫たちは、土に上陸し、まゆを作っています。成虫になるのが楽しみです。

今週も夜8時くらいになると、光ながら上陸しているホタルをみることができます。

これからさなぎになるために、最適な場所を探し回っているようです。

成虫になるための目安として、桜の開花から、500度というのがあります。

ちょうどホタルの幼虫たちは、500度を超えると、成虫として土の中から出てきます。

今年は昨年よりも寒く、桜の開花もやや遅かったため、昨年よりは成虫になるのが遅くなりそうです。

5月中旬から下旬にかけて第1号が飛ぶでしょうか?

みんなで予想してみたいと思います。

次のブログでは、中学生が予想した、今年の小野学園のホタルの羽化時期をランキング形式で公開しますwink

かすかな光ですが、確かに光っています ↓

DSCF2721