2014年5月アーカイブ

5月20日(火)オーストラリア修学旅行最終日です
早朝全員無事に成田国際空港に帰ってきました
保護者の皆様も朝早くから多数お迎えにきていただきありがとうございました

☆生徒のみなさんは、この「オーストラリア修学旅行」の体験を通してたくさんの思い出、知識、習慣、マナー、友情、おもいやり、そして「言葉では表せない多くのもの」を得ることができたと思います。
 しかし、この多くの「成果」を得るのに自分一人でできたわけではありません。先生、保護者の皆様、現地コーディネーター、添乗員、現地ガイド、ファームステイした御家庭の方々、マッカサーガールズハイスクールの校長先生、先生、生徒、レストランの方々、オーストラリアの人々、そして、あなたの友人達、多くの人達の力を借りて初めて達成できたものです。
 日本人のおもてなしの心と感謝の心を忘れずに、今回の修学旅行で得たものを役に立ててください。☆


5月19日 楽しかった修学旅行も日本に帰る時間です
思い出を残して、お別れは寂しい感じです
DSCN0484_01.JPG

☆途中でシドニーオリンピック公園に立ち寄りました
 メインスタジアムです
DSCN0487_01.JPG
聖火台が噴水になっていました
この中をくぐった生徒がいます~
DSCN0491_01.JPG
シドニー市内に戻ってきました
ダーリングハーバーで自由行動~時間調整です
DSCN0494_01.JPG
シドニー国際空港に到着です
DSCN0495_01.JPG

☆5月19日 オーストラリア修学旅行6日目です。今日は一日、交流会でした。マッカサー・ガールズ・ハイスクールのキャンパスを歩き回って「14955歩」でした☆




5月19日 学校の中を案内してくれました
大きく広いキャンパスです
DSCN0451_01.JPG
秋の青い空~紫外線は日本の4~5倍!
DSCN0452_01.JPG
校舎もクラシカル~
DSCN0449_01.JPG

☆昼食は外で仲良しグループで食べます
 通常も外でお昼を食べるそうです~ビックリ!
DSCN0455_01.JPG
 給食係りは高学年の生徒が担当しています
DSCN0456_01.JPG
のり巻きも私達のために、いろいろな種類を作ってくださいました
DSCN0457_01.JPG
DSCN0458_01.JPG
どこでも座って食べます
DSCN0459_01.JPG

☆そろそろ交流会も終わりが近づいてきました
全員150名で記念写真です
DSCN0460_01.JPG

☆ホールに集まり、最後に「幸せなら手をたたこう」を日本語と英語で歌ってお別れです~
DSCN0465_01.JPG
DSCN0470_01.JPG

☆とうとうお別れの時間がきてしまいました
DSCN0476_01.JPG
DSCN0477_01.JPG
全員にノッティーファイルが配られました
DSCN0478_01.JPG
DSCN0480_01.JPG
一緒に見送ってもらいました
DSCN0482_01.JPG
DSCN0483_01.JPG
最後まで一緒です~
名残惜しい気持ちでいっぱいです


5月19日 ホールに戻って交流会がスタートです
DSCN0406_01.JPG
「アナと雪の女王」のダンスです
振り付けは自分たちで考えたのでしょうか~
松たかこ日本語バージョンの歌に振付けてあります
DSCN0407_01.JPG
演劇です
DSCN0409_01.JPG

☆いよいよ小野学園のパフォーマンスです
英語で「折り紙パフォーマンス」の紹介をします
DSCN0411_01.JPG
ステージ上で見せてます
限られた時間なので一生懸命です~
ガンバレ~
DSCN0412_01.JPG
グループに分かれて折り紙を教えます
DSCN0414_01.JPG

DSCN0423_01.JPG
折り紙はめずらしいみたいでみんな真剣に折っていました
DSCN0422_01.JPG
机が足りなくて椅子の上でも折りました
DSCN0428_01.JPG
DSCN0425_01.JPG
かなりできています
DSCN0421_01.JPG
折り紙に夢中になっています
DSCN0417_01.JPG
DSCN0419_01.JPG

☆続いてダンスを教えてもらい一緒に踊りました
DSCN0429_01.JPG
DSCN0431_01.JPG
伝統的なフォークダンスです
DSCN0435_01.JPG
みんなで踊ります
DSCN0433_01.JPG
DSCN0438_01.JPG

☆次に英語の授業を受けます
多民族国家のため本格的な英語のレッスンもあります
DSCN0440_01.JPG
DSCN0439_01.JPG
先生も一生懸命に教えてくださりました
DSCN0441_01.JPG
バディーも教えてくれます
DSCN0445_01.JPG
DSCN0444_01.JPG
目隠しして果物を英語で答えます
DSCN0448_01.JPG
DSCN0442_01.JPG
受講後、一人一人に「英語レッスン終了証」がわたされました
DSCN0453_01.JPG
DSCN0454_01.JPG


5月19日(月)歓迎会の始まりです
日本語の授業を受けている生徒が上手な日本語で司会をしています
オーストラリアは多民族国家なので、いろいろな国の語学授業があります
Ms Gail Cluff 校長先生の御挨拶です
DSCN0384_01.JPG
DSCN0382_01.JPG

外に出て、「お茶の時間」です~
DSCN0388_01.JPG
お菓子を配ってくれているのは上級生です
黒い服は給食係りの制服です
DSCN0390_01.JPG
DSCN0392_01.JPG
DSCN0396_01.JPG
DSCN0393_01.JPG
DSCN0403_01.JPG
DSCN0400_01.JPG
DSCN0399_01.JPG


5月19日(月)Macarthur Girls High School との交流会で緊張しています
バスの中で歌の練習をしてもうすぐ到着です
DSCN0365_01.JPG
学校に到着しました
DSCN0367_01.JPG
DSCN0366_01.JPG

生徒の皆さんが並んで出迎えてくれています
DSCN0368_01.JPG
それぞれのBuddyとご対面~
DSCN0369_01.JPG
DSCN0370_01.JPG
DSCN0371_01.JPG
DSCN0372_01.JPG
DSCN0375_01.JPG
DSCN0377_01.JPG
DSCN0378_01.JPG
DSCN0379_01.JPG
キャンパスは広いです!!
DSCN0381_01.JPG



5月19日(月)修学旅行Sydneyでの最終日は、"Macarthur Girls High School"との交流会です
修学旅行も6日目です。交流会のために朝食はしっかりと~
DSCN0346_01.JPG
DSCN0347_01.JPG
DSCN0352_01.JPG
DSCN0353_01.JPG
DSCN0354_01.JPG
DSCN0355_01.JPG

DSCN0358_01.JPG
今日の注意事項を聞いています
DSCN0359_01.JPG

ホテル"MERCURE SYDNEY"ともお別れです~
全員制服に着替えて出発です~
DSCN0361_01.JPG
DSCN0362_01.JPG
DSCN0363_01.JPG
DSCN0364_01.JPG


Sydney 市内自主研修の集合場所は"Sydney Aquarium"(水族館)です
午後5時のダーリング・ハーバーの夕暮れです
DSCN0318_01.JPG
すでに無事到着しています~
隣のおじさんとお話しています
DSCN0319_01.JPG
DSCN0320_01.JPG

港の周りには大きなホテルがたくさんあります
DSCN0322_01_01.JPG
水族館前には全員無事帰還して集合です
DSCN0326_01.JPG
DSCN0328_01.JPG
DSCN0329_01.JPG
歩いて近くのレストランへ夕食です
DSCN0330_01.JPG
"ニックス"というシーフードレストランです
DSCN0337_01.JPG

夕食はフィッシュ&チップスです
外国サイズです~
DSCN0339_01.JPG
DSCN0335_01.JPG
DSCN0332_01.JPG
DSCN0334_01.JPG
旅行中に誕生日を迎えた生徒が2人いました
修学旅行最後の夜にみんなでハッピーバースデイ!
思い出に残る人生に1度きりの「お誕生日」です
DSCN0340_01.JPG
DSCN0341_01.JPG
2人ともプレゼントをもらってとってもうれしそうです
DSCN0342_01.JPG
もちろんみんなデザートは特製ケーキです
DSCN0345_01.JPG
ごちそうさまでした
DSCN0344_01.JPG

ホテルに帰ってきました
明日の予定を確認します
ホテルロビーには「JTB修学旅行ツアーデスク」が設置されて夜10時まで対応してくれますので安心です

☆5月18日(日)修学旅行5日目です。今日はSydney市内自主研修で街中を歩いて「16013歩」でした☆


泊まっているホテル「メルキュール・シドニー」はこんなに大きなホテルです
DSCN0273_01_01.JPG

最初にシドニーの観光場所を回りました
オペラハウスとハーバーブリッジの両方を眺められるビューポイントです
DSCN0274_01.JPG
対岸にオペラハウスが見えます
DSCN0279_01.JPG
DSCN0277_01.JPG
DSCN0280_01.JPG

セントメリーズ大聖堂へ向かいます
シドニーハーフマラソンで大混雑~
DSCN0285_01.JPG
DSCN0288_01.JPG
DSCN0295_01.JPG
DSCN0292_01_01.JPG
ハイドパークはマラソンの準備の人達でいっぱいです
DSCN0297_01.JPG
子供がいると声をかけて一緒に写真です~
DSCN0299_01.JPG

何といってもシドニーのオペラハウスが一番有名です
DSCN0303_01.JPG
DSCN0304_01.JPG

DSCN0306_01.JPG

「ミセス・マッコリーズの椅子」を見に歩きます
DSCN0308_01.JPG
DSCN0310_01.JPG
DSCN0311_01.JPG
DSCN0307_01.JPG
DSCN0309_01.JPG
DSCN0312_01.JPG
イギリスに帰りたくて毎日海を見て座っていた「ミセス・マッコリーズの椅子」です
DSCN0313_01.JPG
DSCN0314_01.JPG

お土産店さん"Kogaroo"からさあ~自主研修に出発です~
DSCN0316_01.JPG

STARBUCKS COFFEE(SYDNEY) にいます
DSC_0268_01_01.JPG
なんと!自主研修隊が知らずにスタバにやって来ました!!
DSC_0274_01_01.JPG

次はシドニー水族館に5時30分に集合です~









5月18日(日)シドニー市内自主研修の日です
  今日は、「シドニーマラソン」が行われるということです
一日の始まりは朝食から~
DSCN0244_01.JPG
DSCN0245_01.JPG
DSCN0246_01.JPG
DSCN0247_01.JPG
「いただきます~」
DSCN0248_01.JPG
DSCN0249_01.JPG
DSCN0250_01.JPG
DSCN0251_01.JPG
DSCN0254_01.JPG

DSCN0253_01.JPG
DSCN0252_01.JPG
DSCN0255_01.JPG
DSCN0256_01.JPG
DSCN0257_01.JPG
DSCN0258_01.JPG
DSCN0259_01.JPG
DSCN0261_01.JPG
DSCN0262_01.JPG
DSCN0263_01.JPG
DSCN0264_01.JPG
DSCN0265_01.JPG
DSCN0266_01.JPG
DSCN0267_01.JPG
DSCN0268_01.JPG
DSCN0269_01.JPG
DSCN0270_01.JPG

DSCN0271_01.JPG


DSCN0260_01_01.JPG











5月17日(土) 今朝は、ファームステイ(ホークスベリー地区)ホストファミリーとお別れです。
DSCN0168_01.JPG
DSCN0174_01.JPG
DSCN0171_01.JPG
DSCN0166_01.JPG
DSCN0175_01.JPG

バスの中です~
DSCN0177_01.JPG

世界遺産「ブルーマウンテンズ国立公園」に到着
これから、レインフォレスト・ワンダーランド・プログラムを受けます
DSCN0180_01.JPG
①シーニック・レイルウエイ
  最勾配が52度!のシーニック・レイルウエイは世界最急勾配を上下する客車です。
DSCN0183_01.JPG
乗り込みます!
DSCN0188_01.JPG
英語でガイドしてくださいます
DSCN0190_01.JPG
途中は真っ逆さまに落ちていきます
DSCN0192_01.JPG
到着した駅からは素晴らしい景色が広がっていました
お天気に感謝!です
DSCN0194_01.JPG
②シーニック・ウォークウエイ
 10分から1時間をかけて、太古の温帯雨林を散策しましょう
 昔は石炭の採掘場でした。石炭を運んだトロッコです。
DSCN0204_01.JPG
石炭採掘のための「換気口」
DSCN0207_01.JPG
DSCN0212_01.JPG
温帯雨林がそのまま残っています
DSCN0214_01.JPG
やはり、イケメンガイドに目が行ってしまいます~
DSCN0217_01.JPG
③シーニック・ケーブルウェイ
  ジャミソン渓谷を545メートル登って崖上へ~
DSCN0216_01.JPG
中はこんな感じです~最大84名乗車できます
DSCN0218_01.JPG
後ろを振り返ると太古の森が広がっています
DSCN0219_01.JPG
④シーニック・スカイウエイ
  オーストラリアで最高度のケーブルカー
  床はガラスです(グラスボトム)
  谷底や断崖が足元に見えます
DSCN0220_01.JPG

今日の昼食はブルーマウンテンズ国立公園の町、Katoombaにある、クラシカルホテル「ザ・カリントンホテル」のダイニングでチキン料理です

THE CARRINGTON HOTEL
DSCN0224_01.JPG
DSCN0226_01.JPG
フォークとナイフでテーブルマナーのようです
DSCN0227_01.JPG
豪華クラシカルホテルがこの町に存在するのも、昔からブルーマウンテンズを見に、世界中から多くの観光客がやってきた証拠です
DSCN0228_01.JPG

スリーシスターズ展望台へ
DSCN0230_01.JPG
伝説の岩「スリーシスターズ」
こんなに綺麗に見える3姉妹~お天気に感謝です!
DSCN0231_01.JPG

シドニーのホテルに到着です
MERCURE SYDNEY
DSCN0235_01.JPG
DSCN0236_01.JPG
夕食はホテルメルキュールシドニー内でディナーバッフェ
DSCN0238_01.JPG
DSCN0239_01.JPG
DSCN0240_01.JPG
DSCN0241_01.JPG
DSCN0242_01.JPG
DSCN0243_01.JPG

☆5月17日(土)修学旅行4日目です。自然の中を歩いたにも関わらず「4636歩」でした。明日は自主研修なのでもっと歩きます☆
  


5月16日(金) オーストラリア修学旅行3日目
さて、生徒たちはどんな所で暮らしているのでしょう
まずは立派な犬が愛想よくお出迎え~
DSCN0120_01.JPG
大きなソファー~
DSCN0121_01.JPG
リビングからは庭の池が見えます
DSCN0123_01.JPG
DSCN0122_01.JPG
My Room ~
DSCN0128_01.JPG
皆さんで見送ってくださいました~
DSCN0131_01.JPG
次のファミリーへ
DSCN0135_01.JPG
大きなお家と大きなソファーが共通です~
DSCN0132_01.JPG
建築家のご主人が1人で4年かかって建てたお家です
DSCN0136_01.JPG
奥様とケーキ作り真っ最中でした~
DSCN0137_01.JPG
皆さん我が家のように過ごしていました
DSCN0146_01.JPG
牧場の中のお家です
DSCN0148_01.JPG
本当のお母さんのようにやさしいです~
DSCN0150_01.JPG
My Room ~ 部屋がたくさんあります
DSCN0154_01.JPG
チョコレートのおみやげをもらいました~
昼間は夏のように(本当は秋です)日差しが強いです
DSCN0157_01.JPG
どこでも大きなソファー~
DSCN0158_01.JPG
My Room ~
DSCN0159_01.JPG
自分の庭が牧場です~
DSCN0160_01.JPG
お馬の食事タイムのお手伝い~
DSCN0162_01.JPG
午後にはこのプールで泳ぐ?
DSCN0165_01.JPG
(後で聞いたら本当に泳いだそうです!)
どこのご家庭でも、「自分の生き方」をとても大切にしているように感じられました。
ホストファミリーの皆様、ありがとうございました。

☆5月16日(金)修学旅行3日目です。ホストファミリーを回って「4636歩」でした☆
 


5月15日(木) オーストラリアのシドニーに到着しました。
皆さん眠そうです~
DSCN0032_01.JPG
DSCN0033_01.JPG
バスで「タロンガ動物園」に出発
DSCN0038_01.JPG
「タロンガ動物園」に到着です。大きくてビックリ!
DSCN0045_01.JPG
DSCN0047_01.JPG
さっそくコアラ保護プログラムを受けました
DSCN0053_01.JPG
DSCN0054_01.JPG
念願の「コアラと一緒に写真」を撮りました
DSCN0057_01.JPG
DSCN0058_01.JPG
DSCN0061_01.JPG
DSCN0062_01.JPG
DSCN0063_01.JPG
DSCN0064_01.JPG
DSCN0065_01.JPG
DSCN0085_01.JPG
DSCN0087_01.JPG
DSCN0088_01.JPG
DSCN0090_01.JPG
DSCN0091_01.JPG
DSCN0092_01.JPG
DSCN0093_01.JPG
DSCN0094_01.JPG
DSCN0095_01.JPG
DSCN0096_01.JPG
コアラと一緒の写真は動物園から特別に全員にもらえる予定となっています。

☆5月15日(木)修学旅行2日目です。動物園を歩き回って「11646歩」でした☆


5月14日(水) 5年生オーストラリア修学旅行1日目

成田空港に集合~
DSCN0002.JPG
DSCN0004_02.JPG
DSCN0009_01.JPG
田中教頭先生がお見送りにきてくださいました。
英語でお話になりました。
DSCN0010_01.JPG
DSCN0013_01.JPG
荷物を預けます
DSCN0017_01.JPG
カンタス航空QF002便はカンガルー
DSCN0024_01.JPG
DSCN0026_01.JPG
82番ゲートからさあ~出発です~
DSCN0025_01.JPG

☆5月14日(水)修学旅行1日目です。飛行機の中で、10時間を過ごして「3462歩」でした☆


平成26年4月9日(水)入学式式辞

新入生の皆さん、入学おめでとうございます。

校庭の桜も、新しい緑の葉桜へと歩みを進めています。グランドの芝生も、春の訪れとともに、一段と緑鮮やかになって参りました。

今日、この良き日に、今年も、元気な新入生を迎えることができましたことは、学園にとりまして、この上のない喜びであります。また、ご多忙の中、ご臨席をいただきましたご来賓、並びに保護者の皆さまには、学園を代表して、心より、御礼と、お祝いを申しあげます。

小野学園は昭和7年、1932年に創立され、それ以来建学の精神である「清く」、「正しく」、「美しく」の教育を守り続け、本年82年目を迎えました。

本日、新しくスタートをする、108名の選ばれた皆さんは、いろいろな夢や希望を持って、入学されたことと思います。皆さんは、その希望や夢を実現させるために、これからの3年間、あるいは6年間を、小野学園で、実りのある貴重な時間を、過ごしてほしいと思います。学園といたしましても、教職員一同全力で夢や希望の実現に向かって、教育にあたって参ります。

小野学園の教育方針は、「どっちもできる女性」です。社会で生きる。家庭で生きる。両方で生きる。どのような人生を選択しても、女性としてのリーダーシップを発揮し、活き活きと、生き抜いて行くための、「基礎」となるすべてを学校で身に付けることです。

創立者、小野安之助先生は今から82年前、「小野学園設立趣意書」の中で、このように言っています。「これからの女子教育は、良妻賢母の育成にとどめることなく、女性が社会に出て自律的に生きていける力にまで高めなくてはならない。」この言葉は、現在の社会でも同じように通用している言葉です。

現在、日本においても、世界を見渡しても、社会情勢が日々激動しています。皆さんが活躍される10年、20年先の社会情勢は、今よりももっと大きく変化していることと思います。

どんな時代になっても、「自ら考えて判断できる力」と、それを「表現できる力」を養い、どんな環境においても、「問題解決をできる力」を持ち、「「生きていく力」を身に付けることが、これから始まる学園生活において、築かれていく、ということを忘れないでください。

保護者の皆様方、本日は本当におめでとうございます。あらためてお祝い申し上げます。お子様の教育は、どんな時にも、保護者の皆様や、ご家庭のご理解とご協力があって、実を結ぶものです。このことをよくご理解いただき、ご家庭においても、お子様の成長を温かく見守ると共に、学園に対しましても、ご協力をいただきますよう、お願い申し上げます。

教育には、よい環境、充実した学習目標とその内容、そして熱意ある先生方、どれも欠かすことのできない大切な要素だと思います。しかし一番大切なのは、皆さんが、「自ら学ぶ意欲」を持つことです。私たち教職員一同も皆さんの意欲や熱意に応えられるように、全力を尽くして支援していきます。

最後に、これまで皆さんを愛情深く、育ててくださった保護者の皆様に、心からの感謝の気持ちを忘れないでください。

本日の入学式にあたり、お祝いと皆様方のこれからの活躍を期待して、学校長式辞といたします。 

平成26年4月9日 

小野学園女子中学・高等学校 

校長 小野 時英