2014年9月アーカイブ

 9月26日(金)品川区姉妹都市ニュージーランド・オークランドより品川区を訪問しているリンフィールドカレッジから15名の高校生が本校を訪問しました。

二年に一度の来校を楽しみにしていた高校1~3年生の本校生徒37名が交流会に参加し、相互に異文化体験を楽しみ、交流を深めました。

本校からは生徒達が企画したプログラムで、折紙や書道、伝統的な遊びなどの体験を通し日本の文化を紹介しました。事前に一生懸命練習した『ソーラン節』や歌は留学生達の目を釘付けにしました。

リンフィールドカレッジからはニュージーランドのロゴの入ったハート型のキャンドルや羊型のキャンドルを作って頂きました。一緒に作った可愛らしいキャンドルは生徒達に素敵なプレゼントとなりました。また、クロージングセレモニーでは、迫力のある『ハカ』(マオリ族から伝わる民族舞踊)を披露していただき、皆、大変感銘を受けました。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、親しくなれた頃にはお別れの時間となってしまいました。お見送りの際にはお互いに離れがたい様子でした。

交流会は生徒達に大変有意義なものであります。これからもリンフィールドカレッジとの交流が発展していくことを期待しています。

IMG_8047.JPG

IMG_8097.JPG

IMG_8099.JPG

DSC_6739.JPG


9月25日(木)、中学2年生は、西大井にある特別養護老人ホーム、ロイヤルサニーを訪問し、高齢者の方々と交流を行いました。

8月下旬の登校日からグループごとにダンスや劇などの出し物の準備をしてきており、発表では緊張しながらも、笑顔でつとめ、集まった皆さんに歌やダンス、劇、マジックを楽しんでもらうことができました。普段高齢者と接する機会のない生徒が多く、初めは、どのように話しかけたらよいのか分からなかったり、話しかけても思うような反応がもらえず戸惑ったりしていましたが、徐々に場もほぐれていき、能動的に働きかけ、コミュニケーションを取ろうとする姿が見られました。7月に事前学習として認知症について学んでいたことが生かされ、大変良い経験になりました。生徒の感想には「楽しかった」という声が多くあがりました。

DSCN1905.JPG

DSCN1869.JPG

DSCN1912.JPG

 


サンデー毎日9.28号の首都圏319塾、塾長・教室長に聞いた学習塾オススメの中高一貫校で4年連続「理数教育に力を入れている学校」1位に選ばれました。投票をいただいた先生方に感謝申し上げますとともに、この場をかりて御礼申し上げます。

 小野学園の理数教育は「女性の社会進出」及び「未来の女性科学者の育成」をテーマに、5つのサイエンスレッスンなど、理科に対する興味関心を引き出すためのプログラムを数多く実施してまいりました。また、通常の授業においても実験など体験を通して学ぶ機会を増やし、Ⅰ分野では問題解決力をⅡ分野では観察力を身につけることを目標にしています。

 近年では環境問題から取り組んだホタルプロジェクトで中学生がデザインした「大井町自然再生観察園」が数々の賞を受賞することをきっかけに様々なメディアに取り上げられることとなりました。昨年度はサイエンス・パートナーシップ・プログラムで高知大学・東京農工大学と連携して「バイオマスの研究」、今年度は株式会社高純度化学研究所・東横化学株式会社・相模女子大学と連携して「ビスマスの結晶」を商品化するプロジェクトなどに取り組んでいます。

これからも、論理的な思考をもち、「理数の小野」にとどまることなく自らが主体的に考え、決断し、実行する力の養成を日々の教育活動の中心に据えて挑戦してまいります。

DSC_3058.JPG

         サイエンスオープンキャンパス