2012年7月アーカイブ


さて、今回はラムネジュースを作る実験です。
といっても、炭酸水を作る仕組みを、学ぶというのが一番の目的ですね。

簡単に解説すると大事なのは重曹と

DSC001

クエン酸です。

DSC002

まずは砂糖を加えて甘くした水(結構な量の砂糖です!)に着色料を入れて色を作ります。
昔よくこんなジュースがありましたね。

DSC003

そこに重曹とクエン酸を混ぜたものを入れます。

DSC004

すかさずふたを閉めて…

DSC005

しばらく待ちます。
これ、放っておくと大変なことになります(笑)

DSC006

さあ、完成したラムネジュースです。

DSC007

実際に重曹とクエン酸だけでは反応せず、これに水を加えると写真のように発砲が始まります。

DS008

こんな仕組みの駄菓子が昔ありましたね。