バスケットボール部の最近のブログ記事

4月19日(日)高校生は関東大会予選大会、中学生は品川区バスケットボール春季大会(第一ブロック大会予選)に出場しました。今回、高校生はけが人が多く、力を発揮できませんでしたが最後のインターハイ予選に向けて課題が見つかりました。中学生は1回戦を突破し、3年ぶりのブロック大会出場に臨みましたが、残念ながら敗退してしまいました。高校生も中学生も次の大会が最後の大会となります。5月2日(土)~5日(火)の強化合宿で最終調整をし、大会で力が発揮できるよう頑張りたいと思います。

IMG_9173編集済み.jpg9164修正済み.jpg


1月4日(日)第90回天皇杯・第81回皇后杯 全日本総合バスケットボール選手権大会出場のため上京された"新潟アルビレックスBBラビッツ"ですが、小野学園の近くに宿泊されていたこともあり、午前中に本校体育館で調整をされ、午後の大会に臨まれました。本校の選手達は先端の技術と洗練された技を目の当たりにし、大変刺激になりました。

IMG_8977.JPG


 10月12日(日)品川区中学校バスケットボール新人大会に出場しました。1回戦目はシードで2回戦からの出場となりました。序盤は緊張から硬さがみられ、お互いぎこちないスタートでしたが、相手チームは一瞬の隙ををついたドライブやリバウンドシュート、小野学園は堅い守りから速攻で得点を重ねていきました。一進一退の攻防が続く中、途中コンタクトレンズが外れるなどのアクシデントがありましたが下級生の頑張りもあり、36対29で3回戦に駒を進めることができました。

6.jpg

11.JPG

12.JPG

13.JPG

14.JPG

15.JPG


バスケットボール部は夏休み期間中、他校と練習試合を多く行いました。夏季大会に向けて、チームの課題や他校のプレーを参考することができました。夏季大会は2回戦負けで結果を残すことはできませんでしたが、新たな課題を多く発見し、日々練習に励んでいます。

9月14日には、私立高校第七支部大会が行われました。予選は4つのブロックに分かれ、3チームのリーグ戦で行い、見事2勝して決勝トーナメントへ進出しました。決勝トーナメント1回戦で東京高校に負けてしまいましたが、勝利したことが1番の収穫になったと思います。

CIMG0322.JPG

CIMG0328.JPG

予選リーグ

小野学園59ー26朋優学院

小野学園76-30日出

決勝トーナメント

小野学園48ー77東京


 126日(日)日野学園で品川区中学校バスケットボール冬季大会がおこなわれました。予選は4つのブロックに分かれ、3チームのリーグ戦でおこないました。初めてのダブルヘッダーで2試合目は足が動かず、思ったプレイはできませんでしたが、得るものが多く、精神的に大きく成長した試合でもありました。4月の春季大会に向けて練習に励み、課題を克服したいと思います。 

小野学園48-42文教大学付属

小野学園26-56浜川

1.jpg

2.jpg


9月15日(日)東京高校にて第七支部高等学校親善バスケットボール大会がおこなわれました。予選は4つのブロックに分かれ、3チームのリーグ戦でおこないました。1勝1敗で決勝トーナメントへ進出することはできませんでしたが、今回の大会でみつかった課題を新人戦までに克服し、一勝でも多く勝てるよう頑張りたいと思います。

小野学園26-92日体荏原

小野学園47-37立正大付属

IMG_4383.JPG

IMG_4468.JPG


5月20日(日)都立農産高校会場でインターハイ予選がおこなわれました。下級生主体、顧問不在と不安材料が多い中、最後の最後まで気が抜けない一進一退のゲーム展開でした。応援に来てくれた保護者、卒業生、担任の先生と選手が一丸となった価値ある一勝でした。

大会結果.png

400.jpg

401.jpg 


4月14日(日)、4月21日(日)と春季大会に出場しました。今年は決勝リーグへ進むことができず、ブロック大会出場はできませんでしたが、気持ちを切り替えて夏季大会は決勝リーグに進めるよう頑張りたいと思います。

 無題4.gif

IMG_2004.JPG


4月14日(日)東京農業大学第一高等学校において関東大会予選が行われました。上級生の部員が少ない中、下級生が粘りを見せましたが、残念ながら敗退しました。5月からは全国総合体育大会の予選が始まります。今回の課題を克服し、よい良い結果が得られるよう頑張ります。

IMG_1832修正済み.jpg


 1月27日(日)品川区立鈴ヶ森中学校に於いて品川区民大会が開催されました。インフルエンザ等で体調を崩す選手が多く、出場が危ぶまれましたが、当日は全員出場することができました。今年のチームは平均身長が低くリバウンドでは不利ですが、スピードとシュート力の高い選手を中心に足をつかったバスケットボールを展開しました。1試合目の香蘭女学校はガードとセンターを押さえることができず、点差を開いては詰め寄られる苦しい展開になりました。第3ピリオドからは少しずつ自分たちのリズムでバスケットボールをすることができました。2試合目の鈴ヶ森中学校は走・攻・守バランスのとれたチームでした。前半は圧倒され手も足もでませんでしたが、第3ピリオドからは中学1年生の活躍もあり良いリズムでバスケットボールができました。

IMG_0625

 IMG_1178

小野学園女子 66-45 香蘭女学校

小野学園女子 31-69 鈴ヶ森


小野学園